どうしたらなれる?

憧れのパティシエになるためには、どうしたらいいのでしょうか。パティシエになるためには、菓子衛生師や、菓子製造技能士の資格があるといいでしょう。世界でも通用する仕事ですので、自分の為になる仕事ではないでしょうか。

余談ですが、パティシエはスイーツを作る人に対しての呼び方ですから、厳密に言えば職業ではありません。

スポンサーリンク

専門学校に行く

スイーツ

憧れのパティシエになるための手段として定番の進路は、専門学校に行くことです。高校を卒業してから、調理師専門学校や製菓学校、専門のコースのある学校などで知識や技術を身につけます。

卒業後は、経験を積むために菓子店で働く人がほとんどです。

中には、海外研修をプログラムに組んでいる専門学校もありますので、自分にとって、とてもよい経験になるでしょう。専門学校については【製菓学校】のページをご覧ください。

資格が有利

何もないよりは、資格を取得しておくと、パティシエへの道の近道になるでしょう。(詳しくは『資格をとろう!』のカテゴリをご覧ください。)

製菓衛生師の資格を持っていれば、食品に対しての安全性や衛生面の知識を見につけているとみなされますし、菓子製造技能士の資格を持っていれば、お菓子作りの技術があるとみなされます。

こういった資格を持っていれば、パティシエだけではなく、将来、独立や開業するときにとても有利になるでしょう。

製菓留学

パティシエ

日本である程度の実績を積み、資格も取得したのであれば、海外に製菓留学するのがお勧めです。海外の文化に触れて、感性が磨かれます。語学がある程度できなければいけませんが、自分をどんどんアプローチしていくことで、数多くのチャンスを手にすることができるでしょう。

海外では、日本と同じように振舞っていては道は開けません。日本には、本音と建前というものがあります。本心を隠して、当たり障りのないことを言ってその場をやり過ごすということがありますが、海外では通用しません。自分の考えはハッキリと伝えなければいけません。日本と同じように振舞っていても、建前などは通用しませんので注意しなければいけません。

フランス留学

留学を斡旋する会社があり、フランスにパティシエ留学を斡旋していて、フランス政府認定の専門学校で1ヶ月間、専門知識を学べるだけではなく、最初の1ヶ月でフランス語研修や、パティシエ研修に必要なフランス語を学ぶこともできます。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ