どんな仕事?

パティシエは、どんな仕事をしているのでしょうか。パティシエとは菓子職人のことですから、その名の通り、基本的にはお菓子を作る仕事になります。もちろんお菓子を作るだけではなく、芸術的なセンスを問われるデコレーションや、パンなどの技術を使うなどの応用力なども必要とされています。

ここでは、どんな職場で、どんな仕事が行われているのかを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ホテル

ホテル

ある程度、格式があるホテルには、パティシエがいます。

そのホテルオリジナルのスイーツを開発し、商品としてお客様に提供する仕事です。

スイーツが話題になり、名声を手に入れたパティシエは、後々、独立することが多いと言われています。

レストラン

レストラン

レストランといってもファミリーレストランではありません。

ジーンズ姿で行けるようなところではなく、正装して行くようなグレードの高いレストランには、専門のパティシエがいます。

ホテル同様、レストランオリジナルのスイーツを作り出しています。

逆に、スイーツの評判が良いレストランは、パティシエがいると思っていいでしょう。

洋菓子店

洋菓子店でスイーツの開発をしたり、製作をしている人はパティシエです。高級店であれば、弟子をとっている可能性もあります。

レベルの高い技術を学びたいのであれば、レベルの高いパティシエに教わるのがいいでしょう。もちろん本人の才能もありますが…。

菓子メーカー

プレゼント

製菓メーカーと言うと、オートメーション化された工場でお菓子が製造されているイメージがあります。製菓メーカーでパティシエが活躍するのは、その前の段階です。

製菓を製造している企業で、新しいお菓子の開発部隊として活躍しています。直接スイーツを製造して消費者に提供するわけではありませんが、どんなお菓子が求められているのか、日々試行錯誤しながら研究、開発しているのです。

独立・開業

パティシエになると、独立して自分のお店を持つのが夢だという人が多いです。そして将来はカリスマパティシエになりたいと思っている人もいるでしょう。もちろん修行や経験を積むと、自分の店を構えることも夢ではありません。

有名なホテルやレストランでの修行、または海外でのパティシエの経験が独立や開業への第一歩になりますし、ステイタスにもなるでしょう。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ