小学生パティシエ選手権

中高生だけではなく、子供の頃からパティシエに憧れて、お菓子作りが趣味だという小学生も大勢います。そんな子供達のために、小学生を対象とした、パティシエ選手権が開催されています。

余談ですが、パティシエはスイーツを作る人に対しての呼び方ですから、厳密に言えば職業ではありません。

スポンサーリンク

小学生パティシエ選手権って

お菓子作り

小学生パティシエ選手権は、小学校1〜6年生を対象として2005年から行われている、お菓子作りのコンクールです。

この選手権を通し、子供達の食材に対する関心や、作る楽しさ、自分で作ったものを食べてもらう喜び、一緒に作る家族とのコミュニケーションの機会を多くできるなどの食育の機会が増えたらと願っています。


海外に行ける!

小学生パティシエ選手権のチャンピオンは、テーマやアイデア、デザインや出来上がった完成度、味など、総合的に判断して決定されます。

チャンピオンになると、「ル・コルドン・ブルー」という世界的に有名な名門の料理学校の、パリ本校でお菓子作りを学ぶことができます。

募集要項

応募資格は日本に住んでいる小学校1〜6年生の児童で、自分でお菓子を作ることのできる人になります。前年度の優勝者は応募することができません。

応募方法は、自分の夢をイメージして描いたオリジナルのお菓子の絵、実際に作ったお菓子の写真のいずれか1点、4人分程度の材料と作り方を応募用紙と一緒に郵送で送ります。

応募用紙・郵送先

応募用紙は『小学生パティシエ選手権』公式サイトからダウンロードすることができます。

お問い合わせ先と郵送先が異なりますので、公式サイトでご確認ください。

小学生パティシエ選手権公式サイト http://www.kids-sweets.jp/

注意事項

応募に使った書類は、念のためにコピーをとって保存しておきましょう。応募用紙を別にすることで、1人で何点でも応募できます。

作品は未発表のもので、ケーキ、クッキー、プディング、和菓子など、どんな種類でも構いません。また、作品書類の返却はされません。

賞品

優勝は賞状、楯、記念品の他に、親子での「フランスパティシエ体験」ペア旅行になります。準優勝と3位の人には賞状と楯、記念品、協賛企業特別賞及び優秀賞と、入賞には賞状と記念品、学校奨励賞には賞状が贈られます。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ