製菓学校

パティシエになりたい!ただそう考えているだけでは絶対になれません。まずは行動をおこさなければいけませんね。

そこで、パティシエになるための資格を取得するために、製菓学校に入学して、様々な技術や知識を学ぶことをオススメします。

スポンサーリンク

製菓学校って?

学校

製菓学校は、菓子職人やパティシエになるための技術、知識を学ぶ教育訓練施設のことを言います。お菓子教室などもありますが、ここでは専門学校について触れて行きましょう。

製菓学校にはパティシエ科、製菓技術科、製菓衛生師科など、様々な科が設置されています。


施設の種別

製菓学校には、学校教育法で規定されている、短期大学、専門学校、職業高等学校があります。また、職業能力開発促進法に規定されている、職業訓練施設があります。

学校によっては、夜間にも学べるコースがあったり、通信課程のあるところもあります。

どんな資格が取れる?

パティシエになるためには、いくつかの関連資格がありますので、取得しておかなければいけません。

国家試験では、製菓衛生法で定められている、『製菓衛生師』の資格があり、構成労働大臣が指定する、製菓衛生師養成学校の認定を受けています。

関連する協会として、全国製菓衛生師養成施設協会があります。その他にも、菓子製造技能士や、パン製造技能士があります。

学校で学ぶこと

勉強

製菓学校で学ぶことの80%以上は実習になります。将来パティシエとしてある程度のレベルになるためには、高度な技術と自信が必要です。

実習が多い理由として、材料の特性を見分けたり、繊細な技法を会得するためには、頭で覚えるのではなく、実際に経験してみて、身体で技術や理論を覚えて行くためです。実習をこなすことで、数多くの技術を経験することもできますし、自信へとつながることで、様々な場面でも適用できるパティシエになることができるのです。

もちろん学ぶのは実習だけではなく、講義を受け、製菓理論や衛生放棄、公衆衛生学や食品衛生学など、数多くのことを学びます。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ