製菓衛生師

製菓衛生師は、お菓子作りの技術や、衛生管理の知識を持つ資格です。各都道府県で行っている、製菓衛生師法に基づく国家試験になります。

この資格があると、安心して食べられるお菓子を作るための、知識や技術があるということになります。パティシエを目指すのであれば、取得しておきたい資格になります。

製菓衛生師の仕事

製菓衛生師の資格を取得すると、レストランやスイーツ店でパティシエとして働く他に、お菓子のメーカーで、新しいお菓子の開発などを行います。けれど、こういった仕事は、製菓衛生師の資格がなければできないと言うものではなく、資格がなくてもこういった仕事に就くことはできます。

ですが、資格を持っていることにより、自分の知識や能力を示すことができますので、企業に勤めてパティシエとして働くときや、独立してお店を出すときなどには、持っていると便利な資格になります。

スポンサーリンク

資格をとるには

勉強

製菓衛生師の資格を取得するには、構成労働大臣が指定する学校で知識や技術を学び、その後に試験を受ける方法と、学校で学ばずに国家試験を受けて取得する方法の2通りがあります。

試験科目は、衛生法規・公衆衛生学・栄養学・食品学・食品衛生学・製菓理論・実技になります。


学校で学んで資格を取得

構成労働大臣が指定する学校で、1年半以上の課程をこなし、その後に国家試験を受けて合格すると、都道府県知事から製菓衛生師の資格が与えられます。

直接国家試験を受ける場合

学校で学ばずに試験を受けるには、2年以上の実務経験が必要になります。

国家試験は都道府県が実施し、合格すると都道府県知事から資格が与えられます。

信頼性のある資格

勉強

製菓衛生師の資格は、構成労働大臣が認めている、とても信頼性のあるしっかりとしていて、全国でその実力を証明できる資格です。

将来パティシエとなって、自分のお店を回転する時には、『食品衛生責任者』の資格を申請するだけで取得できるということは、製菓衛生師の資格を持っている人は、信頼されているということだからなのです。 製菓衛生師の資格を持っているということは、お店の衛生管理を任競られる人ということになりますので、ホテルやレストランなど、様々な職場への就職に有利とも言えます。

パティシエだけではなく、将来、学校や自宅でお菓子作りを教えるときにも、持っていると大変有利な資格になります。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ