デザートクリエーター

2004年に誕生した資格で、日本カフェプランナー協会が主催している、デザートの知識と技術の検定試験です。

まだ誕生してからそれほど経っていない資格ですが、パティシエを目指すのであれば、持っていてもいい資格です。

スポンサーリンク

デザートクリエーターの仕事

ケーキ

デザートクリエーターの資格は1級から3級までありますが、1級を取得していると、第一線で、デザートの提案や開発などの場面で活躍できます。デザート業界が衰えを知らぬ中で、パティシエとして働く中で、持っていてもいい資格なのではないでしょうか。

自分でお店を出す場合、デザートクリエーターの資格は、カフェプランナーの資格がなければ取得できないものですから、持っていると尚更いいでしょう。

資格取得方法

試験は、日本カフェプランナー協会が主催し、講習会を受けて試験を受けなければいけません。実務経験も必要になります。

それ以外では、カフェプランナー4級以上の資格が必要になります。

必要な基礎知識

1

デザートメニューの開発や提案

2

フルーツに関する知識や、デザートのデコレーション、デザートメニューの開発

3

材料や、デザートメニューに関しての基礎知識

受験の条件と試験

カヌレ

3級を受験する場合、実務経験が半年以上必要で、カフェプランナー4級以上の資格保持者、さらには、協会が主催する学校のコースの受講生、卒業生のいずれかで、デザートクリエーター3急受験資格認定講習会を受講していなければいけません。

試験は筆記試験の見になります。 1級と2級の試験は、筆記試験と実技試験が行われます。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ