パティシエの給料

憧れのパティシエになったら、一体どれくらいの給料をもらえるのでしょうか。

もちろん勤務先や実績年収、雇用形態などによって、収入は大きく変わってきますが、多くのパティシエが言うには、やりがいのある、将来性のある仕事だということです。

スポンサーリンク

気になる収入は

壱万円

パティシエとして働き出すと、どれくらいの給料を得ることができるのでしょうか。 調査の平均年齢が37.6歳で、パン・洋菓子製造工の平均月収は24万4700円だということです。平均年収だと。332万円程度です。37歳で年収が332万円くらいですので、年齢が下になると経験も浅くなりますので、もう少し少なくなります。

パティシエになりたての新米の場合、初任給は10〜15万円が多いようです。経験を積んで技術が向上すると、50〜60万円くらいもらえるようになることも可能です。

仕事に見合う給料?

ホテルやスイーツ専門店など、働く場所で給料も違ってきますが、働く時間も違うでしょう。ですから、それぞれの収入には違いが出てくるのは当然のことなのですが、仕事の内容と給料の金額は比例しているのでしょうか。

自分の働きに、満足する収入を得ているのでしょうか。 年収にして400〜500万円の収入を得ているパティシエでは、職場での拘束時間が長く、自分の自由な時間も取りにくいようですが、給料には満足している人 多いようです。

一方、年収が300万円未満のパティシエは、なりたての新米パティシエであることも多く、洗い場などの下っ端の作業も多く、先輩や上司に常に怒られていて、給料にも職場にも満足していない人が多いようです。

経験を積むと

札束

こうしてみると、どんな職種でもそうですが、新人では給料も安く、上からはこき使われるようです。ある意味職人の世界ですので、これは仕方がないかもしれませんね。

新人の頃にくじけずに頑張り、1年また1年と経験を積んでいくにしたがって、徐々に給料は上がるでしょうし、技術や知識が向上し、やがて自分のお店を出せるようになり、もしパティシエとして成功して名前が有名になったとしたら……収入は想像もつかないくらい多くなるでしょう。ですが、収入が多くなるということは、その分、仕事も忙しくなるということです。

楽をして儲けることはできませんので、何事も努力が必要と言うことです。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ