独立・開業

憧れていたパティシエになり、修行を積んで技術や知識を向上させることができたら、次の目標として、自分のお店を出したいと夢見るパティシエもいるでしょう。

ここでは、どうしたら自分のお店がもてるのかを簡単に紹介していきますので、参考程度に見ておいてください。

スポンサーリンク

まずはファンを獲得

ケーキ

レストランやホテルのケーキショップなどで働くパティシエにとって、自分のファンを獲得しておくということは、独立・開業する場合、とても重要なことになります。

せっかく新しくお店をオープンさせても、お客さんが誰もこないのでは元も子もありません。自分のファンをしっかりと獲得し、独立するときにはお店のオープンを心待ちにしてもらうくらいでなければ、これから自分のお店を経営していく中で、不安要素ばかりになってしまいます。

企業するメリット

パティシエになったら、誰でも独立するのが夢でしょう。自分の名前のついたブランドが人気になるのを想像するだけで、嬉しくなってしまいます。

起業するメリットとしては、よっぽどの超有名パティシエでない限り、ある程度の広さのお店で十分営業していけます。集客が順調であれば、店舗の大きさに対しての売上が期待でき、店舗の方のスタッフも大勢いる必要もなく、人件費や経費などが余かかりません。

デメリット

ケーキ

もちろん独立するには、良いことばかりではありません。100%成功するという保障はどこにもないのですから。

それまでパティシエとして安定した収入があっても、独立すると収入は不安定になります。もちろん軌道にのって成功する人もいるでしょうが、軌道に乗らず、思い描いていた世界とは違うこともあり、ガッカリする人もいるでしょう。夢だった自分のお店を手放さなければいけない時が来るかもしれません。

独立・開業するということは、大きな夢と共に、こうしたデメリットもあるかもしれないということを肝に銘じておかなければいけません。

とことんこだわれる

独立・開業することで、商品に対して素材や味など、とことんこだわることができます。もちろん、それに伴う商品開発も必要になりますが、個人でやっているからこそできるということも沢山あります。

大手チェーン店のように、メニューが豊富ではないかもしれませんが、こだわりの店として、人気が出るかもしれません。

パティシエを目指せる学校を探す

パティシエを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

詳しくはコチラ
ページ上部へ